過払い金が発生するのはどんな人?過払い金請求ができる条件

過払い金請求をすることで、過去に借金をしていた方や、今現在、借金を返済中の方は手元にお金が戻ってきたり、借金を減らすことができます。ただし、過払い金請求は誰もが出来るわけではありません。過払い金請求の発生条件をしっかりと理解してから過払い金請求をおこないましょう。

また、当事務所の無料診断を利用すれば、どのくらいの過払い金が発生しているか調べることができますのでお気軽にご利用ください。

過払い金請求ができる条件

過払い金請求ができる条件は、過払い金が発生していることです。過払い金は借金をしていた方、全員に発生しているものではなく、発生する条件があります。

過払い金が発生する条件とは?

まず過払い金とは、貸金業者に払いすぎた利息部分を指します。過払い金の発生条件は、グレーゾーン金利で取引をしていたことです。グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利(15%~20%)と出資法の上限金利(29.2%)の差分の金利を指します。

グレーゾーン金利は以下のように借金額によって異なります。いくら借金額が多くてもこの条件を満たしていなければ過払い金は発生しません。

・借金額10万円以下の場合は20%以上
・借金額10万円~100万円未満の場合は18%以上
・借金額100万円以上の場合は15%以上

例えば、60万円を借金した場合は、18%未満は過払い金は発生しませんが、18%以上の場合は過払い金が発生します。120万円を借金した場合は、15%未満は過払い金は発生しませんが、15%以上の場合は過払い金が発生します。

本来貸金業者は、利息制限法の上限金利(15%~20%)で貸付をおこなうべきですが、貸金業法第43条のみなし弁済により出資法の上限金利で貸付をおこなっていました。

みなし弁済とは、法律で定められた一定の条件を満たせば、出資法の上限金利(利息制限法の上限金利を超える29.2%)での貸付を可能にした法律です。※2010年(平成22年)にグレーゾーン金利は廃止になり、現在は過払い金は発生しなくなりました。

しかし、実際に多くの方は借入時の金利を覚えていないことが多いのが現状です。また、残念ながら、時期によっては過払い金が時効を迎え取り戻せない方もいます。みどり法務事務所では過払い金についての相談、調査、計算を無料でおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

過払い金がどのくらい発生しているか調べる方法

過払い金がどのくらい発生しているか調べるには、借金を完済・返済中に関わらず利息制限法に基づいた、引き直し計算をします。過払い金の計算は請求先の貸金業者から、取引履歴を取り寄せることから始めます。

この取引履歴には貸金業者との全ての取引が掲載されており、これを元に利息制限法の上限金利15~20%以上の金利で取引をしていたものを、利息制限法の上限金利15~20%の金利で計算しなおします。

計算後、実際に支払った金額と引き直し計算によって出た金額の差が過払い金になります。 同じ貸金業者で複数回の借入と完済を繰り返してる場合や、返済中の方は注意が必要です。

このような場合、複数の取引を1つの取引として扱うか、それぞれ別々の取引として扱うかで計算結果が異なります。また、現在返済中の方は、取り戻した過払い金で借金を0にできない場合はブラックリストにのってしまうため、正確な過払い金を算出する必要があります。

このように、一見簡単に見える計算方法ですが、過去の情報をもとに計算をするため、個人でおこなうのはミスも重なりむずかしいので、司法書士や弁護士などの専門家に引き直し計算をしてもらうことが無難な選択です。

正確な過払い金の金額の算出を専門家に委ねることで安心して過払い金請求することができます。みどり法務事務所では相談、引き直し計算ともに無料でおこなっています。お気軽にフリーダイヤルかメールフォームからお問い合わせください。

page top