これで安心!過払い金請求のメリットと注意すべきデメリット

当事務所に寄せられるご相談で「過払い金請求をしたら家族にバレる?」「ブラックリストにのるのか?」など、過払い金請求のデメリットについてのご質問をよく伺います。

過払い金が発生している可能性があるのならば、基本的には手続きをおこなったほうがいいのですが、過払い金請求には知らずに手続きをおこなうと損をしてしまうデメリットもあります。

このページでは、過払い金請求のメリットと注意すべきデメリットを解説しています。当事務所の無料相談をご利用いただければ、ご相談者様の状況で過払い金請求をすると、どのようなメリットやデメリットがあるのかお伝えいたします。

過払い金請求のメリット・デメリットは状況によって違う

過払い金請求のメリットやデメリットは、借金を完済しているか、返済中かで異なります。特にデメリットは、知らずに手続きをしてしまうと、思わぬ失敗をしてしまう可能性もあるのでご注意ください。

ここでは、メリット・デメリットを完済の場合と返済中の場合とそれぞれの状況で解説しています。これから過払い金請求をする方は、デメリットを十分に理解してから手続きをおこなってください。

完済している場合の過払い金請求のメリット

お金を取り戻せる

借金を完済している場合の過払い金請求のメリットは、なんといってもお金を取り戻せることです。借金を完済している方は、過払い金請求をすることで、過払い金を手元に取り戻すことができます。

当事務所で過払い金請求をした方の中には、数百万円の過払い金を取り戻せた方も多くいらっしゃいます。少しでも多くの過払い金を取り戻したい方は、当事務所に一度ご相談ください。

ブラックリストにのらない

過払い金請求をおこなうと、ブラックリストにのってしまうと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、借金を完済している場合は、ブラックリストにのることはないのでご安心ください。

完済している場合の過払い金請求のデメリット

請求先の業者から新規の借入れやカードの作成が難しくなる

貸金業者ごとに対応は異なりますが、基本的には過払い金請求をおこなうと、請求先から新たな借入れができなくなる可能性が高いです。クレジットカードのキャッシングを過払い金請求した場合は、請求先が発行しているカードは使えなくなる可能性が高いのでご注意ください。

ただし、ブラックリストにのることはないので、請求先以外からの新規の借入れや、クレジットカードの作成は問題なくできます。完済している場合は大きなデメリットはありませんが、完済した日(最終取引日)から10年で時効になってしまいますので、1日でも早く手続きをしてください。

返済中の過払い金請求のメリット

取り戻したお金で借金を減額できる

借金を返済中の方は、過払い金請求で取り戻したお金を現在の借金に充てることができるので、借金を減額することができます。過払い金の金額によっては借金をなくすことができ、余ったお金を手元に取り戻せます。

新たな借入れが必要なくなる

新規の借入れを検討している方は、過払い金を取り戻すことで借入れをする必要がなくなります。借入れをする前に必ず過払い金が発生しているかご確認ください。当事務所では、無料で過払い金の調査を実施していますので、お気軽にご利用ください。

返済中の過払い金請求のデメリット

請求先の業者から新規の借入れやカードの作成が難しくなる

完済している場合の過払い金請求のデメリットと同様に、返済中に過払い金請求をすると、請求先から新たな借り入れや、クレジットカードの作成ができなくなる可能性が高いです。

あくまでも請求先が対象なので、請求以外からの借入れやクレジットカードの作成はできます。完済している場合のデメリットはこれだけでしたが、返済中の場合は特に注意したいデメリットがあります。

特に注意!ブラックリストにのる可能性がある

借金を返済中の方は、特に注意したいデメリットがあります。まず、返済中の借金を過払い金請求すると、取り戻した過払い金を借金残高に充てます。借金残高より過払い金が多い場合は問題ありませんが、借金が残ってしまった場合は、ブラックリストにのってしまいます。

例えば、借金残高が100万円ある状態で過払い金請求をしたとします。過払い金請求で100万円を取り戻せた場合は、借金残高が0になるのでブラックリストにのることはありません。

しかし、50万円しか取り戻せなかった場合は、借金が50万円残ってしまうのでブラックリストにのってしまいます。

このように、返済中に過払い金請求をする場合は、過払い金をいくら取り戻せるかを事前に知る必要があります。当事務所の過払い金診断を利用すれば、無料で過払い金がいくらあるのか知ることができるので、お気軽にお問い合わせください。

特に、同じ業者で借りたり返したりを繰り返している方や、複数の貸金業者から借入れをしている方は、計算が複雑になるので当事務所にお任せください。

ブラックリストにのった場合のデメリット

まず、ブラックリストとは、信用情報機関に登録されている事故情報のことを指し、信用情報機関に事故情報が登録されることを「ブラックリストにのる」といわれています。

貸金業者やクレジットカード会社は、新規の借入れやローンの申し込み、クレジットカードの申し込みがあった場合、信用情報機関の信用情報を確認します。事故情報が登録されていると、ローンの審査に通らなかったり、クレジットカードが作れなかったりなどのデメリットがあります。

ただし、信用情報機関に登録されている事故情報は約5年で消えるので、事故情報が登録される前と同じように新たにローンを申し込んだりクレジットカードの申し込みをしたりことができます。一度ブラックリストにのってしまうとこれらのデメリットが一生続くわけではないのでご安心ください。

誰が手続きするかでも異なる過払い金請求のメリット・デメリット

上記で過払い金請求のメリット・デメリットは、借金の状況で異なると説明しましたが、過払い金請求のメリット・デメリットは、誰が手続きをするかでも異なります。

過払い金請求は、当事務所のような専門家に依頼して解決する方法と、自分で手続きをする方法があります。過払い金請求の手続きをご自身でしようか検討中の方は、デメリットをしっかりと理解してからおこなってください。

ここでは、自分で過払い金請求をする場合のメリット・デメリットを、当事務所に依頼した場合と比較して解説していますので参考にしてください。

自分で過払い金請求をするメリット

取り戻した過払い金がすべて手元に戻る

過払い金請求を自分でするメリットは、取り戻した過払い金がすべて手元に戻ってくることです。

ただし、過払い金を多く取り戻すためには貸金業者との交渉や、交渉で解決できなければ裁判をしなければなりません。交渉がうまくできないと本来取り戻せたはずの金額よりも、低くなってしまう可能性がありますのでご注意ください。

自分で過払い金請求をするデメリット

対応を後回しにされたり過払い金が少なくなる可能性がある

貸金業者は過払い金請求の対応に慣れており、返還までの期間を少しでも遅らせるために、取引履歴の返送に時間をかけたり、個人の対応を後回しにするケースもあります。過払い金請求の時効が近い方はご注意ください。

また、過払い金の交渉でも当然、貸金業者は発生している過払い金よりも低い金額を提示してきます。そこで、納得がいかなければ交渉を重ねなければなりませんが、貸金業者相手に交渉をすることはむずかしく、本来発生している過払い金よりも少ない金額になってしまいます。

手間や時間がとられてしまう

過払い金請求を自分でする場合は手間や時間がかかってしまうデメリットもあります。自分で過払い金請求をする場合は以下の手順があります。

  1. 貸金業者から取引履歴を取り寄せる
  2. 過払い金を調べるための引き直し計算
  3. 貸金業者と交渉し、過払い金の返還額を決める
  4. ③で決まらなければ裁判所へ訴訟をする
  5. 過払い金の返還

このように、自分で過払い金請求をする場合、必要書類の準備や、過払い金請求の引き直し計算、貸金業者との交渉など、すべておこなわなければなりません。交渉で決まらない場合は、裁判をしなければならないので、平日に裁判所に行かなければならないので、多大な時間と手間が必要になります。

家族に借金がばれる可能性がある

過払い金請求を自分でする場合は、上記のとおり貸金業者と連絡を取り合わなければなりません。貸金業者からは、電話での連絡がきたり、書類などが届くられてきます。

そのため、自宅に貸金業者の名前が入った封筒や連絡がいってしまい、家族にバレてしまうという可能性があります。家族に借金を秘密にしている方は、特に注意してください。

みどり法務事務所ならデメリットを気にせず手続きできます

当事務所にご依頼いただけた場合、費用がかかってしまいますが、自分でする場合のデメリットを気にせずに過払い金請求ができます。自分でする場合のデメリットに不安がある方は、当事務所にご相談ください。

面倒な手続きはすべて当事務所がおこないます

過払い金請求に必要な情報や、お客様のご希望をお聞きするために一度、面談に来ていただきますが、その後の準備や手続きはすべて当事務所がおこないます。

当事務所は、過払い金請求の実績が豊富にあり過払い金請求に強い司法書士が多数、在籍していますので、貸金業者との交渉には自信があります。手間や時間をかけず、より多くの過払い金を取り戻したい方は、当事務所の無料相談をご利用ください。

家族に内緒で過払い金請求ができます

当事務所では、プライバシー管理を徹底していますので、家族や会社に内緒で過払い金請求をすることができます。ご依頼いただいた場合は、貸金業者とお客様の間に当事務所が入りますので、自宅や会社に連絡がいくことは一切ありません。

page top